スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Processing正式リリース

2008年11月27日 22:03



Processingがβから正式なバージョン1.0にアップグレードしてました。
僕の脳は全然アップグレード出来てません。

駄目だこりゃ! R.I.Pいかりや長介
スポンサーサイト

John Legend

2008年11月26日 17:22


前回のエントリでJohn Legendに言及したので、最近の曲でも。
John Legendにしては割と流行を意識したミディアム、歌も勿論良いのですが、
これはOUTKASTのAndre3000に食われちゃってる気がしないでも、、。
Andreの存在感は異常ですからまぁ仕方ないのかも。


こっちとか真骨頂ですね、どこかスモーキーな声が堪りません。
あーやっぱりこういうの好きだー。
[John Legend]の続きを読む

It's like a music

2008年11月26日 11:29



すんzさんのブログの件も合致していますし、恐らく僕が不在の間にレスを付けていて
くれたtsさんの曲で間違いないと思うんですが、この曲いいなぁ、好きだなぁ。
というか僕なんかより全然"今"のセンスを持ってる方だと思います。
コード的に完結しないその浮遊間の中に独特のメロディセンス、上手いなぁ。

私の話ですが、今の日本のこういう系統を聴かずにそれらのネタ元から作るのだけじゃ
大分限界を感じているのですが、もうここまで来たら

「ystk聴いたら負けかなと思っている」

ということでこれからもね、やっていこうかなと思うとる訳でしてね。
ほんま頑張らなあかんなぁと。

浦島太郎

2008年11月26日 01:43

状態です。2週間にゃっぽんやニコ動を見ないようにしてただけで、もう
何がなんだか。CV03の声とか出てるし、、英語の発音出来るのなら
絶対買っちゃうかなぁ。後はグライダー絵師の「枕木PV」を今更ながら
見つけて感動したり。



名曲に名PV、素晴らし過ぎます。グライダー氏は更に絵、構成が巧みになっていて、
これでミライさんの幻想論シリーズが広く知れ渡ってくれるといいなーと、いちファン
として思います。

後は、すみません派生作品とか全然追いきれていないのと、一部だけ紹介するのは
フェアじゃないとは分かっているのですが、ちょっと特別な思いをした動画があったので


「花曇」はジェミニに続いて2回目の作詞だった訳なんですが、他人視点で詩を書くと
いうことがまだ出来ていない頃で、それだけに自分が大きく出ちゃっています。
下手なりに自分で仮歌を歌ったりして、Vocaloidだけに留まらず人が歌ってもいけるように、
と腐心して作ってはみたのですが、自分の下手な仮歌じゃ結局それを確認するまで至らず。
このお二方の声はブラックミュージックを確実に通って来ている声で、節回しとか
いちいち頷いてしまいました。平丼さんの方は無理めなキーなのに巧みなファルセットで
しっかり聴かせるところまで持って行ってるし、UmiNekoさんの方はなんとなく
John Legendを彷彿とさせる個性的な声で滔々と歌われています。
なんというかその黒さのある男性Voが乗る事で、当初意図してた一般でも聴ける曲の
最後のピースが嵌った感じがしました。歌詞は拙い部分も多々ありますし、アレンジは
10年近く前の流行っぽいものですが、あぁ、、実は結構いい歌じゃんみたいに
改めて思えたというか(手前味噌ですみません)。
平丼さん、UmiNekoさん、素敵な歌をありがとうございます。
両作品ともにゃっぽんで二週間分の色んな人の日記をチェックしてる時に
偶々見つけたものでして、こたつくんありがとう。

他にもこの二週間で聴き逃してる良曲も沢山ありそうだし、有り難くも派生作品は
僕がニコニコを見ていない間にも増えています。僕が出来ることは感謝の気持ちを
示す意外あまりないのですが、せめて派生作品のマイリストの補完と、そこでの
各作品へのコメントは早く完成させたいな、と思いました。

退路を断たれる

2008年11月25日 23:28

退路を断たれる

そんなこんなで音楽製作に関しての幾つかの問題から逃げるように
合間合間でAtlanticaで遊んでいた訳ですが、それもオープンβまでと
決めていました。ローンチの告知の無いまま本日メンテだったそうなんですが、
メンテ明けたら正式サービスが始まっていたという。なんだそりゃ。
クローズドβからお世話になっていたギルド鈴蘭の皆さん、この二週間
遊んでくれてありがとう。ログアウト時に会えなかった人達にもこの場を
借りて謝辞を。一期一会ってほんとはもっと大上段に構えて使う言葉では
あると思うんですが、刹那的な付き合いの多いネトゲではそれを感じる事が多いです。

という訳でAtlanticaも終了、逃避先を無くしてまともに問題と向き合わなくては
いけなくなりました。自分と音楽との距離、自己表現とリスナーの望む形の間の
バランス、そして大元の音楽を続ける動機。考えただけで憂鬱ですが
一個一個やっていきましょうかね。ともかく先が見えないこの状況だけは
早期に打破したいと思っています。以前はCD製作とか全く興味が無かったんですが、
過去の作品+αで一度纏めてみることにも意味はあるのかなぁとも。
まぁぼちぼちやっていきます、ぼちぼち。

ボーマス

2008年11月25日 19:24

2週間ほどご無沙汰して済みません。いやオンゲやってたのもあるには
あるんですが、Sweetiex2を作ってる辺りから感じてた製作時の違和感が
大きくなって来ていまして、暫く離れて俯瞰してみようと殆どネットに
繋がない日々を過ごしていました。只管iPodを聴きまくりで。

レスの方でも書いたのですが、ジャンルというものは肌の色のようなもので
上着とかでは無いと常日頃思っているのですが、Vocaloidに合わせるべく
10年来やってたブラックミュージックを離れて、色々エレクトリックな方向
を模索してる自分は、正に上着を着替えるように、言葉を変えればそれぞれ
ルーツのある音楽の表層を舐めるように、軽々しく音を作っていると感じていまして、
こうなんというんでしょう、ある種の冒涜というか、音楽に対しての罪悪感が
強くなって来ていました。事情が事情だからある意味やむを得ないところでは
あるんですけれども。

他にも2、3抱えている製作上の悩みもあってこっちも厄介なんですが、
愚痴を並べても詮無いので止めといて、今月末のボーマスに遊びに行くことに
しました、飛行機で。曲を作って聴いてもらって反応を貰ってまた新曲を書いて、と
一連のサイクルはネット上だけで可能なんですが、実際どういう人達が曲を書いているのか
とか、どんな盛り上がりなのかとか、どんな人達が聴いてくれているのかとか、
そういうものは実際行ってみないと分かりません。遊びに行って、あわよくば今後の
活動の意欲となるような刺激を受けて帰りたいなぁと思っております。
実際の雰囲気を知らないのでなんなんですが、場違い的なおっさんを見かけたら
遠目で生暖かく眺めて頂けると喜びます(マゾ的な意味で)。

Birdland

2008年11月07日 19:50



高校の頃に良く聴いていたんです。フュージョンじゃなくてクロスオーヴァー。
どっちも似たような意味で使われてるんですが、私的には後者の方が全盛期、
前者が今もT-Squareとかがやってる路線、というイメージがあります。70年代の
クロスオーヴァーにはなんというか試行錯誤と情熱が溢れていました。
好きなバンド、好きな曲、共に沢山あるのですがWeather ReportのBirdlandが
まさかニコニコにあるなんて。若き日のショーター、アースキン、御大ザヴィヌル、
そして夭逝孤高の天才ベーシスト、ジャコ・パストリアス。凄いバンドです。
この曲の好きなところは、小難しい事も沢山やってるんですがフックがポップな
ところ。ほんとに良い曲です。クインシー・ジョーンズの「Back on the Block」に
入ってるverもお勧めしたいですがネットで見つからず。

メイナード・ファーガスンによるビッグバンドは続きの方に。
[Birdland]の続きを読む

TK

2008年11月07日 18:00

既に旬を過ぎた感のある話題ですが、少しばかり考えるところがあったので
書いてみます。

ぶっちゃけ彼の音楽は大嫌いでした。起用するヴォーカルもどれもこれも
心の逆琴線を刺激しまくりで(黒板引っ掻くようなあの感じ)外で耳に入る度に
不快な思いをしていました。まぁここまでは好き嫌いの話で。

それでも音楽プロデューサーとしての手腕は凄まじく、これ以上ない程の
成功を収めたのは周知の所。そんな人がこんな事になってしまうなんて。
アジアで自腹30億つぎ込んだプロジェクトが頓挫したからかどうかは知りませんが、
彼にしてもスピードを一躍有名にした伊秩氏にしろ転落の仕方が酷過ぎます。
J-Popの音楽ランキングを見てもどれもこれもつまらない物ばかり。
学生の頃からそういう風には見ていましたが、特にここ最近の音楽市場の
低迷ぶりを、中学生の私が見ていたら違った道を選択していたかも知れません。

かといってニコニコが面白いかというとそうでもなくて、なんとなくカウンター
カルチャー的に見てる部分が大きいのに最近気づきました。カルチャーになりえるのか
どうかは別として。Mikulanticaは自分の中ではかなり満足度の高いトラックが出来た
と思っているのですが、やはり歌詞がないと聴かない方が多いんでしょうね。もしくは
ミクに関した曲でなければみたいな。

困ったのは最近どんどんそういうマイナーな方向に興味がシフトしているというところで。
歌詞なんか1フレーズで1曲通しちゃうようなの。そういうのは別名義で発表した方が
いいのかなぁ。

って全然違う話になってました。まぁなんですか、諸行無常ですね。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。