スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジェミニ

2008年03月08日 14:33



まさかあんなに好評をいただけるとは夢にも思わず。
Vocaloid関連で今後また作品を作る機会もあるかと思い、
blogを作ってみました。
「鏡音リン・レン」を買ったのは先月末。今更も今更な感じだったんですが、
メルト辺りからピンクスパイダー、四葉のクローバーと素晴らしい曲を立て続けに
聴かされて一気にハマる事に。Vocaloidを使った楽曲の質の高さもさることながら、
競うようにして出てくる曲に、バシバシ反応する聴き手。なんか凄く楽しそう
だったんです雰囲気が。いいなー羨ましいなーと。

自分の中でもう長らく絶えていた音楽への情熱が再燃してきていたのとも相まって、
Mac買ってリン買ってほんと何年ぶりなんだろ、一曲を完成させる事が出来ました。
mixは昔から大の苦手でしたし、歌詞なんて生まれて初めて書いたという始末。
調声含め稚拙な部分もあちこちに見えるんですが、この曲を作っている間は、音楽から
離れていたこの長い間に溜まったエネルギーでもあったのでしょうか、拙いなりにも
自力以上の何かが降りてたように感じます。

そういった面もあり、過去に出涸らしになって音楽から離れたという経緯もあり、
今は正直一曲作っただけで燃え尽きた感がありますが、またメロディが浮かんだら
書き留めて、これからもマイペースで曲を作っていこうと思います。皆さん
聴いてくれて本当にありがとう。

www@平野楽器さんにも改めて感謝の言葉を。曲の制作途中であの絵を拝見しまして、
最後の方は絵を見ながら音と歌詞を考えていました。

最後に、流れてしまいましたがコメントでテディーライリーっぽいと書いてくれた方、
マジで神様だったんですよTeddy Riley。昔は本気で意識して曲を作っていました。
でもこの長いブランクの後に作った曲で、しかも歌い手と曲は全然黒くないのに、
私の曲で彼の名前が出てくるなんて。比較するのもおこがましいですが、涙が出る程
嬉しかったです、ありがとう。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://dixieflatline.blog59.fc2.com/tb.php/2-67cfb985
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。