スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TK

2008年11月07日 18:00

既に旬を過ぎた感のある話題ですが、少しばかり考えるところがあったので
書いてみます。

ぶっちゃけ彼の音楽は大嫌いでした。起用するヴォーカルもどれもこれも
心の逆琴線を刺激しまくりで(黒板引っ掻くようなあの感じ)外で耳に入る度に
不快な思いをしていました。まぁここまでは好き嫌いの話で。

それでも音楽プロデューサーとしての手腕は凄まじく、これ以上ない程の
成功を収めたのは周知の所。そんな人がこんな事になってしまうなんて。
アジアで自腹30億つぎ込んだプロジェクトが頓挫したからかどうかは知りませんが、
彼にしてもスピードを一躍有名にした伊秩氏にしろ転落の仕方が酷過ぎます。
J-Popの音楽ランキングを見てもどれもこれもつまらない物ばかり。
学生の頃からそういう風には見ていましたが、特にここ最近の音楽市場の
低迷ぶりを、中学生の私が見ていたら違った道を選択していたかも知れません。

かといってニコニコが面白いかというとそうでもなくて、なんとなくカウンター
カルチャー的に見てる部分が大きいのに最近気づきました。カルチャーになりえるのか
どうかは別として。Mikulanticaは自分の中ではかなり満足度の高いトラックが出来た
と思っているのですが、やはり歌詞がないと聴かない方が多いんでしょうね。もしくは
ミクに関した曲でなければみたいな。

困ったのは最近どんどんそういうマイナーな方向に興味がシフトしているというところで。
歌詞なんか1フレーズで1曲通しちゃうようなの。そういうのは別名義で発表した方が
いいのかなぁ。

って全然違う話になってました。まぁなんですか、諸行無常ですね。
スポンサーサイト


コメント

  1. hiro3 | URL | 7ZZNb7Jw

    Re: TK

    はじめまして
    いつもDixieさんの作る曲を楽しませてもらってます

    Mikulanticaを聞く人が少ないのは歌詞が無いことが原因ですかね
    最近はミクに関する曲はあまり見かけないので

    でも、困ったことでも何でも無いですよ
    作りたい方向に向かった方が楽しくて、正しいと思います
    「聞いてくれる曲」と「作りたい曲」が違うことはよくあることだし・・・
    再生数は私が10万でも100万でも回すので、気にしないでください(笑
    自分はMikulanticaのこと好きです

  2. hypersaw | URL | xP9RSuts

    Re: TK

    心の逆琴線、すごくよく分かります(笑)。特にひどいのはglobeのKEIKO。半音くらいピッチがずれてる時もありますからねぇ。

    でも、そんなボーカルでも異様に売れていたわけだから、それだけ小室哲哉の作るサウンドに力があったか、時代に合ったということなんでしょうね。

  3. 蛍石 | URL | -

    Re: TK

    Mikulantica、聴きすぎました。
    iPodさんに入れて車の中で日々聴いているのですが、家族に「Mikulanticaハマってるなあ」と呆れられるぐらい。
    凄く好きです。
    名義が別でも同じでもいいから、Dixieさんの作る音楽をこれからもずっと聴かせて欲しいなーと思っています。

    TKに関するエントリなのにわき道に激しく反応してしまってスミマセンorz

  4. asurairu | URL | Zr2/WiYY

    Re: TK

    すいません、私TKさんのCDを一枚も持ってないとです(ぇ
    でもコンピューターミュージックという物を知ったのは彼のおかげでもあったり。
    まぁニコニコはオルタナカルチャーというかオタカルチャーというかサブカルチャーというか(何
    流動的だからこそ世の中おもしろいという事もあります。
    ですがそれは常に盛者必衰の理をも含んでいたりする・・・のかもしれません。

  5. Dixie | URL | defC7QkY

    Re: TK

    replay遅れてすみません。

    >hiro3さん
    ありがとうございます。ああいう曲調でも聴いてくれる人が
    居るのは励みになりますね。ただなんでしょうね、
    まだ上手くまとまってないのですが、音楽を作る動機の部分
    で迷いが出て来ているので、どうにも歯切れが悪いのかも
    しれません。
    ボーマス見て刺激になればいいなーと考えております。

    >hypersawさん
    今でも不思議なんですが、あの耳障りな声はヘタウマを狙ったものか
    それともあれが本当に良いと思って録ったのかが分かりません。
    結果を見ればああいう声が好きな人が沢山居たってことに
    なりますが、全く理解出来なかった自分にとっては、
    当時は本当に苦痛でした。

    >蛍石さん
    ありがとう。にゃっぽんの方には以前にジェミニ絡みの記事で
    書いたのですが、僕は自分の為に曲を書いた経験が殆ど
    無くてですね。以前は件の人に向けて、最近はニコニコを
    見ている人達へ向けて。ただそれだけじゃ駄目だなーと
    思い出してから次の方向を見定めかねてるような状態です。
    まぁ半年に一度ぐらいの周期でそういうのがやってくるので
    今回のも案外直ぐに解決してくれるんじゃないかと、
    楽観的に考えています。

    >asurairu
    TKの場合はもう完全に個人的な嗜好の問題ですね。
    私にとっては生理的に厳しかったという感じで。
    リスナーの為に音楽を作るという意識が出過ぎちゃうと
    どんどん迎合してしまえる自分が居て、それじゃいかん
    やりたい事をやらねば、って思った時に実はやりたい事って
    そんなに無かった、さてどうしようというのが今回の
    ぼやきの原因ですね。ジャンルってのは肌の色であって
    上着じゃ無いと思うんですが、核を失って彷徨いながら
    色んな音楽を試してみるも、どれも違和感が残る。
    う~~む~~って感じです(苦笑

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dixieflatline.blog59.fc2.com/tb.php/249-cf6f9210
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。